行政書士の仕事ってどんなの?

行政書士とは法律業務を業とする国家資格です。
弁護士や税理士と同様法律の専門家です。
役所に申請する営業許可等、相続、遺言書等の権利義務、契約書の作成などによりトラブルの防止などをしています。
資格は学校へ通わなくても独学、または通信などで取ることができます。
主には行政に関する書類を書いています。
しかしこれだ、という専門分野があるわけではありません。
なぜなら行政書士は経営法務ITコンサルタントであるからです。
税金や会計事務は税理士、近人会計士の仕事だと思われがちですが、一部の税金は行政書士でも申告できます。
このように時代の変化に対応しながら広範囲の仕事を扱えることから国民の法律、会計、経営等の専門家として活躍することも可能です。
資格を持っていることがスタンダードとなっている現代社会です。
様々な資格がありますが、この資格を持っていればこれからの社会のニードに合わせ仕事をしていくことができます。
また法律を勉強することで自分自身を守ることもできます。
事務系資格取る!仕事に有利なのは?【通信講座スクール人気ランキング】