住宅ローン審査に落ちたときの対処法とは?

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。
受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。
申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。
ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。
といった甘い感じではありません。
不合格になってしまう人もたくさんです。
よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が最低ラインと言われています。
自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。
申請方法はとても簡単で職場や自宅近くにある銀行でも良いですしネットバンキングでも良いでしょう。
加えて、不動産屋と協力している銀行にするという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。
申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。
その場合は、年末調整ではなく支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
この保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利をわけると変動金利と固定金利という物があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

住宅ローン審査落ちた?基準通らない!【審査甘い銀行は?】